« | トップページ | »

2010年2月 5日 (金)

数日前から無性に鯛焼きが食べたかったところ、駅前で出張販売やってたので迷わず飛びつく。
皮の部分がほとんどなくてホントに「皮」って感じ。頭の先からしっぽの先まで餡がぎっしりで、おまけに焼き立てだからか皮がパリパリでほんのり香ばしくて非常に美味であった。トラック屋台の出張販売なんで味は全然期待してなかったのだけど大満足であった。
でも、なんか「小さかった」気がする…… 子供の頃食べた鯛焼きってもっと大きかった気がするんだよなぁ。自分の体が大きくなったってだけの話かも知れないけど、地域や時代、あるいは型のメーカーによって本当に大きさが違ってるんだとしたらその変遷を追って見るのも面白そう。

« | トップページ | »

コメント

「たいやき」の魚拓とってる人がたしかいたはず。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190111/47485851

この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »