« ことえりでも全然不便はしてないのだけど | トップページ | あれはまだ68Kの時代だったか、それともPPCの初期か…… »

2006年11月 8日 (水)

文を書くのが快感になる

 egword Universalの原稿用紙モードは秀逸だ。egbridgeのお試し版と一緒にegwordのお試し版も入れたのだが、この原稿用紙モードだけでも買う価値あるかも。
 いまどき、どのワープロソフトにも縦書きモードは付いてるし、Windows版のMS Wordや一太郎だと原稿用紙の升目も表示できたはず。でも、例えばOffice 2000やXPのWordで縦書きモードにすると極端に動作速度が落ちるし、文字が升目にぴったりはまらなかったり、文字そのものの描画に違和感があって、縦書きで使おうという気にならなかったんだよね。
 だけど、egword Universalの原稿用紙モードは違う。極めて軽快に入力できるし、一文字一文字がぴったりと升目にはまる。そして縦書きでも文字が非常に美しい。Quartzとヒラギノフォントの恩恵なんだろうけど、本当に気持ちがいい。
 少し大きめのヒラギノ丸ゴシックを指定して使ってるんだけど、実に読みやすいし、升目が文字で埋まっていくのを見てるだけでエクスタシーを感じるほど。しばらく日記なんて書いてなかったんだけど、升目が埋まるのが快感なので、無駄に長文な日記を書いてみたりして。30日間の試用期間が終わるのを待たずに買っちゃってそう。

« ことえりでも全然不便はしてないのだけど | トップページ | あれはまだ68Kの時代だったか、それともPPCの初期か…… »

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190111/12608541

この記事へのトラックバック一覧です: 文を書くのが快感になる:

« ことえりでも全然不便はしてないのだけど | トップページ | あれはまだ68Kの時代だったか、それともPPCの初期か…… »