« サイト改装中 | トップページ | ことえりでも全然不便はしてないのだけど »

2006年11月 5日 (日)

いっこうにPC用の市販品が登場しないのだけど、タグタイプはどうなってるんだろう?私は、子供やPC初心者にとってはローマ字の問題よりもキーボードのキーの数が問題になっていると考えているのでタグタイプみたいなキーの整理された入力デバイスが有効だと思うのだ。

なお、私は親指シフターだけど、ローマ字入力が日本語をアルファベットに分解するから不自然だという説には加担しない。確かにローマ字を習いたての子供、あるいはPC初心者の中高年にとっては 「あ」「か」「さ」「た」「な」は「A」「K・A」「S・A」「T・A」「N・A」なのかも知れないが、ローマ字入力に習熟した人にとってはあくまで「A」「KA」「SA」「TA」「NA」である。 「KとAで『か』」なのではなく、あくまで「KA」で一文字なのだ。

キーボードでタイプする際も「か」という音を思い浮かべれば指が勝手にKAと動く。これは、親指シフトで、考えなくても同時打鍵してるのと同じ事。まぁ、ローマ字入力の場合この子音→母音の運指において同じ側の指を連続して使用する事が多いので「指がこんがらがる」ような感覚にとらわれるわけだが。

ちなみに、私はローマ字入力のタッチタイプはできるがしかしアルファベットの入力はキーボードを見ないとできない。先にも書いたがKAはあくまでひらがなカタカナに続く第三の仮名であってアルファベットのKとAではなく、KAで一文字なのだ。

« サイト改装中 | トップページ | ことえりでも全然不便はしてないのだけど »

親指シフト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190111/12571553

この記事へのトラックバック一覧です: :

« サイト改装中 | トップページ | ことえりでも全然不便はしてないのだけど »